プロフィール

subway08

Author:subway08

最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研究室を決定したら、その研究室を調べましょう。
念入りな情報収集をして、入学後に現実と想像のギャップを無くしましょう。

情報収集には以下の方法があります。
①募集要項やパンフレットの取り寄せる
②先輩・友人に相談する
③大学のホームページを参考にする
④図書館を利用する
⑤研究室を訪問する

①募集要項やパンフレットを取り寄せる
多くの大学院の募集要項、パンフレットには、研究室・教授の具体的な研究テーマが掲載されています。できる限り、早く手に入れましょう。
しかし、専攻名や指導分野しか掲載していなかったり、情報が最新でないこともあります。
募集要項やパンフレットだけに頼るのは止めましょう。他の方法も必要です。

②先輩・友人に相談する
自分の行きたい大学院に、先輩・友人等がいれば話を聞きましょう。
具体的な話を聞けるので、研究室や受験の情報を手に入れられるでしょう。

③大学のホームページを参考にする
ほとんどの大学院のホームページで、教授の情報を公開しています。教授の生年月日、研究領域、論文等の情報を見ることができます。
また、教授がホームページを持っていることもあるので、調べてみましょう。

④図書館を利用する
学会誌等を調べて、目当ての教授の論文を探しましょう。論文の内容を見て、教授がどのようなテーマを研究してきたかを知ることは大変参考になります。

⑤研究室を訪問する
研究室訪問は一番やってほしいことです。研究室の状況や、教授の人柄を知るには、自分の目で見るのが大事です。
必ず電話・メールなどでアポイントを取りましょう。連絡先は大学ホームページに乗っていることが多いです。なければ、大学の事務室等に聞いてみましょう。
質問を用意していくことはもちろんのこと、自分が考えた研究テーマの筋だけでも説明できるように準備しましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。